マンション経営のリスクについて知ることが大切【マンションへの投資は将来性があるもの】

不動産

これからのマンション投資

集合住宅

今後の取り組み

不動産運営は不労所得を得たいと考えている人にとって、うってつけの資産運用手段です。数ある不動産経営でも最も注目されているのが、東京でのマンション経営です。地価の上昇が著しいことから、値上がりする物件が注目されるのが理由です。高層マンションは人気が高く、短期の売却によりキャピタルゲインを得るケースもあります。東京の地価はさらなる上昇が予測されるので、今後もマンション経営の人気は続くと見られています。ただし、新築物件は価格が高騰していることもあり、利回りの面からみると条件の良い物件探しも難しくなってきています。頭金を少なくできる新築マンションは変わらない人気があります。一方である程度の資金がある人は、中古物件を探すようになると予測されます。価格が安い分利回りも高くなるからです。ローン返済も負担が少ないのも魅力となります。

マンション投資での特徴

東京におけるマンション経営の特徴は、比較的賃借人の需要が多いことです。立地にもよりますが、空き部屋となるリスクが少なくなるわけです。そのために、多くの管理会社では家賃保証をしています。これは相場の家賃金額よりも低い額で収入を保証するものです。マンション経営は家賃が入らなければ、ローン返済を丸ごと抱えることになります。そのようなリスクを避けるために利用する人も多くいます。人の多い東京と言えども、空室率は決して低くは無いものです。賃借人の需要が多い立地となれば、資産価値も高い傾向となります。将来売却するとしても、買い手も探しやすくなります。そのためにまずは、条件の良い立地を選ぶことが必要となります。